キャストも知っておきたい!新宿歌舞伎町のキャバクラの料金システム

お客様がキャバクラに入店した時に発生する『セット料金』

新宿歌舞伎町のキャバクラを利用したお客様が、どのくらいの料金を支払っているのかを知っていますか?

この街でキャバ嬢をやるなら、夜のお店の料金設定については絶対に知っておかなければいけません。

すべてのお客様が支払うことになるのが『セット料金』です。

キャバクラは、お客様が店内で過ごせる時間がお店ごとに決められています。
新宿歌舞伎町では60分もしくは90分に設定している店舗が多いですね。

この時間に対して支払われる料金が『セット料金』と呼ばれるものです。

新宿歌舞伎町の場合

60分で7,000〜8,000円
90分で10,000円前後

が相場となっています。

このセット料金は、時間帯で上下するお店も少なくありません。

例えば、夜8時までに来店したら60分7,000円だけれども、夜8時以降の入店は60分で8,000円になる、といった店舗もあります。

また、新宿歌舞伎町ではVIPルームを用意している店舗も多数あり、メインフロアよりも高い料金設定にしているケースが見られます。

メインフロアと比べて、1セットごとに3,000〜5,000円ほど上乗せされることになるでしょう。

ハウスボトルは無料、その他は別途料金

キャバクラを利用するお客様は、極端に言ってしまえば、セット料金に消費税やサービス料をプラスした金額だけで楽しむことができます。
なぜならセット料金には、お酒の飲み放題が含まれているからです。

この飲み放題が可能なお酒を「ハウスボトル」と呼びます。
これは無料で提供されるもので、いくら飲んでも追加料金は発生しません。

ハウスボトルは焼酎やウイスキーなど、お店によって種類・銘柄が異なります。

安いお酒が用意されていることが多いですが、新宿歌舞伎町の高級店では、それなりに高級なお酒が用意されていることもあります。

ただ、さすがにお客様もセット料金のみで帰るわけにはいきません。

同じテーブルに座って会話を楽しんでいるキャバクラ嬢に、ドリンクをオーダーするのもお客様の役割。このドリンクはセット料金に含まれていないので別料金です。

ちなみに、キャバ嬢はハウスボトルを飲むことが禁止されています。
お客様にドリンクをオーダーしてもらわない限り、喉を潤すことができないわけですね。

また、お客様自身がハウスボトル以外のお酒が飲みたいと思ったら、これも別途オーダーを入れる必要があります。

主にキャバ嬢が飲むドリンク代は、1,000〜3,000円程度が新宿歌舞伎町の相場。
1杯あたりの値段は、さほど高くはありません。

ボトルは上下の差が激しいです。
数千円のものから、数十万円もするボトルもあります。

新宿歌舞伎町のお店なら数百万円のボトルも用意されているでしょう。

キャバ嬢を指名した時に発生する『指名料』

お客様は、好きな女性や気になる女の子などを指名することができます。
指名した女の子と2人きりで会話を楽しみ、一緒にお酒を飲むことができるのです。

この時に発生するのが『指名料』と呼ばれる料金。

指名には「本指名」と「場内指名」の2種類があります。

「本指名」とは、入店と同時に、お客様がお目当の女の子を指名すること

常連さんやネットなどで情報収集したお客様などが、よくこの本指名を利用していますね。

「場内指名」とは、入店して女の子を何人かチェックした上で、お気に入りの子を指名すること

初来店したお客様や、お目当の子がいたけど欠勤などで出会えなかった場合に利用することが多くなっています。

新宿歌舞伎町では本指名も場内指名も3,000円が相場となっています。

激安店であれば1本あたり2,000円、高級店でも1本あたり4,000円といったところでしょう。

1セット終了後もキャバクラにいる場合にかかる『延長料金』

キャバクラごとに1セット60分や90分と、時間が設定されています。
もしその設定時間で帰りたくなく、お客様が「もっとお酒を飲みたい、女の子とおしゃべりがしたい」と思えば、滞在時間を延長することも可能です。

その際に必要になるのが『延長料金』です。

新宿歌舞伎町の場合、延長料金の相場はセット料金とほぼ同額。
ただし、1セット60分のキャバクラでも、延長料金は30分ごとに区切られているお店が多くなっています。

例えば、セット料金が60分8,000円のお店があったとしましょう。
このような店舗では、延長料金は30分で4,000円という感じです。

新宿歌舞伎町の延長料金の相場も、だいたいこのくらいの金額ですね。

利用するお店がVIPルームの場合には、相場よりもさらに高くなる店舗が多いです。
しかし、VIPルームの利用でも延長料金に関しては一律、もしくはセット料金の半額以下に設定しているお店もあります。

キャバクラの会計時にかかる『サービス料・カード手数料』

キャバクラも、普通の店舗と同じように消費税がかかります。
また、それとは別に『サービス料』と呼ばれる料金も支払わなければなりません。

このサービス料はキャバクラのような夜のお店独特のシステムですね。
ぜひここで覚えておきましょう。

サービス料

サービス料はいくらという形ではなく、お客様が利用したサービスやオーダーしたボトルなどを合計した金額によって変わるシステムになっています。

新宿歌舞伎町では、このサービス料を20〜30%に設定しているお店が多いです。

他のエリアよりも高い設定になっているのは、さすが歌舞伎町といったところでしょう。

VIPルームのサービス料を、通常のフロアよりも5〜10%高く設定しているお店も少なくありません。
また、消費税とサービス料を合わせて35%などと設定しているお店も見られます。

カード手数料

さらにキャバクラ特有の料金として発生するのが『カード手数料』です。

これは、お支払い方法にクレジットカードを選択したお客様にのみ発生する料金のこと。

新宿歌舞伎町の場合、合計金額の10〜20%に設定されているお店が多いでしょう。
そのため、多くのお客様が現金払いで会計を済ませます。

お会計の時に当たり前のようにカードで決済するお客様がいたら、その人は経済的に余裕のある人だと判断して間違いありません。

ここで読んでみてもパッとわからないですよね。
手っ取り早いのは実際に1日体験入店をしてみるといいですよ。
それについてまとめたのでチェックしてみてください。